2020年タイでの韓国映画公開情報 2019年 2020年

2020年 韓国映画公開情報
ポスター タイトル 公開日 ジャンル おすすめ度 備考
Intruder 침입자
侵入者
Intruder
08.20 スリラー
Peninsula 반도
半島
Peninsula
07.30 アクション
ホラー
公開延期

ウィルス感染を題材にしているせいかと思います。
2016年のゾンビ映画「新感染ファイナル・エクスプレス」(부산행、Train to Busan)の続編です。
前作はタイでも公開され、生まれて初めて見た韓国映画で「バイオハザード」によく似た内容でした、釜山行きの高速列車内で次々とゾンビ化していきます。ラストは韓国全土がゾンビであふれ壊滅状態になった中、何とか釜山にたどり着きます。邦題は新幹線にかけたようですがセンスが悪すぎです。
本作は前作の4年後の世界が舞台で、韓国からの脱出劇だそうです。
Closet 클로젯
クローゼット
The Closet
02.27 ホラー ★★★★☆  韓国語版でタイ語・英語字幕付きとタイ語吹替版があります。
1998年の経済危機で一家心中を図り、クローゼットに閉じ込められた少女の霊が次々と子供たちをクローゼットの中の世界にさらいます。20年後、娘をさらわれた父親がさらわれた子供をを救出しようとして死んだシャーマンの息子の助けを借りて、クローゼットの中の世界に向かいます。背景に虐待やネグレクトの問題があるようです。
Secret Zero 해치지않아
傷つけない
Secret Zoo
01.30 コメディー ★★★★☆  敬遠破綻してほとんど動物がいなくり、外資系ファンドに買収された動物園の園長として派遣された若い弁護士の提案で、スタッフたちが動物の着ぐるみを着て入場客たちを騙します。白クマに扮したスタッフがコーラを飲んでいる姿を目撃されて、入園者が激増しますが・・・。思わぬ展開に動物園の危機は続きます。邦画の「ロボジー」を思い出しました。韓国では大ヒットしたそうですが、チェンマイでは観客は8人と少なかったです。
Parasite 기생충
パラサイト半地下の家族
Parasite
01.23 ドラマ ★★★★★ 2020年カンヌ国際映画祭でパルムドール(最高賞)、2020年アカデミー賞の作品賞も受賞した作品です。アカデミー賞作品賞は英語以外の映画では史上初の受賞だそうです。
貧困家庭の息子が学歴を偽り裕福な家庭の女子高生の家庭教師になります。そして自分の妹を女子高生の弟の絵の教師に、父親をドライバーに、母親を家政婦にと家族を全員送り込みます。そして凄惨な事件に巻き込まれていきます。
韓国では1000万人を超える観客を集めたそうですが、チェンマイでは2019年に公開され、2020年1月にも1回かのみ再公開されましたが、その時は6人と淋しい限りでした。
Ashfall 백두산
白頭山
Ashfall
01.09 アクション ★★★★☆ 北朝鮮にある白頭山が噴火し、それに伴う地震で韓国のソウルも大きな被害を受けます。その後に起きる大噴火で韓半島が壊滅することがわかり、核で噴火を阻止するために韓国軍の小隊が潜入します。北朝鮮の怪しい工作員が途中裏切りながらも協力し・・・。ラストは感動的です。観客は24人(タイ人中心)と、同日公開のタイ映画の8人より多かったです。





お名前

コメント

非公開コメント







    Copyright(C) cnx-aroi.net All Rights Reserved